オナ禁でぶっちぎりの人生を歩む!

オナ禁を通して人生を変える漢のブログ

あ〜あ、どうせ俺は愛されてるよ

「自分は愛されていない」「自分には価値がない」

っていう風に思い込んでいたから

「自分は愛されてる」「自分は素晴らしい」

って思うようにしました。

 

そしたら見える現実が変わってきました。

今までに見えなかった側面が見えてきました。

 

自分はどうせ愛されてないって思ってると、相手のちょっとした言動を悪く捉えちゃうし、自分からバカにされるような言動をとっちゃったりしてました。

それでますます自分は愛されてない、ダメなやつなんだって思い込みを強めていくっていう悪循環…

 

けどそれを変えると「別に俺はバカにされてもなかったし、案外大切に扱われてるのかも?」

って思えることが増えてきた。

というか今まで見えてなかった、気づいてなかっただけかもしれない。

もしかしたらそれすら思い込み、勘違いかもしれない。

けどいいように勘違いする方が人生的にプラスじゃない?って思い始めた。

そういう勘違いは前は「勘違いしてる痛い奴になるんじゃないか?」

って思ってたけど、勘違いだろうがなんだろうがそれで自分がいい状態でいられるならその方がいいと思う。

 

だいたい実際に自分が愛されてるか愛されてないかなんて直接聞いてみないことにはわかりっこない。

愛の形なんて様々だろうし。

それに愛してても変な言動取ることもある。

その一回にとらわれて「自分は愛されてない…」なんてバカすぎる。

 

それにそもそも全員から好かれる、愛されるなんて不可能だよね。

だから嫌われてもいいから素の自分を出した方がいいよね。

それで嫌うやつは自分には合わないってことだからね。

それでもそばにいてくれる人が自分に合うってことだからね。

 

そんな風に思い始めました。

どうせ俺は愛されてるよね

どうせ俺は素晴らしいよね

 

 

 

とか言いながらあることである人に結構きついこと言われて動揺してるんだよね笑

でもそういうのも受け入れてかないといいことも受け入れられないよね。

物事の悪い面を受け入れないことにはいい面も入ってこないよね。

 

悪いことを拒否してたら微妙なことしかこないよね。

広告を非表示にする